「真夜中の県道」-日常のオカルティズム その2


こんにちは、ロロイです~!おばんです~。

ホラー映画とか苦手な私ですが肝試しとかは割と平気で、要するに人が作った怖いものが苦手ってだけで実際の霊とかの存在は一切信じていないのですが、一度だけガチで怖い目にあった事があるのです。
怖いといっても「え~~なんで..?」ってくらいの話なのですが是非シェアさせて下さいまし。

以下、実話です。

~~~
ある年の夏の終わり頃に友達と二人でステーキを頬張っていたら話の流れで千葉県の御宿という町に出かける事を思いたちました。

前に行った時に月がすごく綺麗に見える小さな入江にたまたま巡り合った事があるのでそれを見に行ってみるべという事で、一度家に戻って着替えやらを取って、途中のドンキでお菓子とか花火とかを買い込んで出発しました。もう夜の0時を回った頃でした。

別に急いでる訳でもないし、高速などは使わずローカルの道をのんびり色々喋りながらゆきました。

だいぶ都会から離れて空気のおいしいエリアのコンビニに寄ったりして星が見える~とかわいわい楽しんでいたのですが、ちょうど千葉県の真ん中あたりの自然豊かな所だと夜は結構真っ暗なんですね。
おしっこに寄ったコンビニの先は二股に分かれてて、右っかわの道はもう電燈すらなくて、多分山あいの方だと思うんだけど灯りが一切ない感じだったのです。

地図によるとそっちじゃないんだけど友達に「こっち真っ暗だからなんか面白そう。ちょっと寄り道して行ってみようか」という話になりそっちへ車を走らせました。
ヘッドライトのみを頼りに真っ暗な道を行くのは思ったより緊張感があってちょっと怖いなって思いました。
こっちの行きと反対車線の帰りの二車線だったのですが向こう側から車が来る気配も無いし(ここの道に入る前は結構それなりに行きかってました)、途中小さいトンネルがあったんですがいかにも怖い感じだし「ここでエンストとかになったらちょっと困るな」って内心思ってました。
段々二人とも喋らなくなって、もうちょっと幅の広いとこにでたらUターンしようと思ったのですがなかなかそんな感じにならず。
ただただ暗い一本道だったので、早く抜けたいって思ってスピードを出していたその時!急に大型トラックが目の前に止まっているのが目に入り、咄嗟にハンドルを切って避けました。

「あっぶないじゃんなんなの!!」って言いながらバックミラーでトラックに目をやりましたがエンジンを切っていてライトもついてないし車内ランプとかもついてませんでした。あんなトコに停めといてハザードとかも無しだったらぶつかられても文句言えないよねーとか言いながらさらに進んでいきました。

びっくりしたのとずっと暗いとこを走ってる緊張感、それと相変わらずずっと暗いのもあり「このまま行ってもなんもないね、戻ろっか」となり、Uターンして引き返していきました。
ずっと暗い一本道なので早く抜けたいな~~って思ってトンネルを抜けた時に「え、トラックは?」って内心思いました。トンネル抜けた後にちょっと走ったらトラックあったじゃん。あれは?
友達も何も言わないけど多分そう思ってるのに言わないって事は怖いんだろうな、分かるよ私も超怖い、だから明るい所まで戻ってから話すんだよね、分かったって内心思って黙ってました。

ようやくおしっこに寄ったコンビニの灯りが見えてきて「一回停まるよー」「あいよー」って言いながら停まって。中に入って「つーかトラックは!?」「戻る時無かったよね!?」「どゆこと!?一本道だから絶対すれ違うじゃん!?」「横道無かったよね!?」「あのデカさでUターン無理だよね!?」「なんで!?」

って話をしまして。地味学生っぽい店員さんが棚を整理しながら聞こえたのか「あ~~..あの道行ったんスね~..笑」と。

地元の人は夜は行かない道との事でした。
霊的な何か!?と詰め寄ったら、いや..暗いしなんか怖いから..ッスね~..笑、と。
いやいやゆってよ!?っていうか今行ったらトラックが!!って話したら、あ~~..ッスね~..笑、と。。。

~~~

以上ッス笑。

その後、あれはなんだったんだろうね、と話すも「絶対戻る時無かったよね!?」って話以上に発展しようが無いのでした。

寝不足だったとか酔っぱらってたとかではございません。普段から幻覚なんて逆に見たいわってくらい何も見ない私達でして..
物理的にそんな事ある!?っていう。
もし霊だったとしたらトラック丸ごと霊なの!?っていう。
ていうか霊だったら「うわーぶつかるー」ってなってたとしたらスイ~~って通り抜けてたのかな!?っていう。
その後特に何も起こらず、あまりにも解明の手がかりが無さすぎると「怖かったけどだからなに」っていう印象以上抱きようがないっていう。

っていう..

すみません微妙な地味な話で..お読み頂きありがとうございました~~(^ω^)