こんなサービス欲しい「部屋貸し」


こんにちは、ロロイです。

「こんなんあったら

いいのにな~」ってあれこれふと思う時ありますけど最近めちゃ思うのは「部屋貸し」というサービスです。単に賃貸するんじゃなくて、部屋の内装から置いてある本、かかってる音楽、テレビに映ってるもの、お菓子や飲み物、あらゆるものが既に設定されている部屋です。

シチュエーションに因るもの

いくらロマンチックな映画でもいかにもむさくるしい独身男性の部屋で見たら味気ないし、もっとゆったりしたソファで良い匂いがして良いワインとチーズなんかがあってテーブルに綺麗な花があって…みたいのがより楽しめると思うんですね。桃鉄を99年がっつりやるならいかにも友達の部屋っぽいややごちゃついてジャンクなお菓子とジュースがあってちょっと暇な時に座椅子に寝転んでバキでも読みながらカップラーメンすする、みたいな部屋の方がより楽しいはずです。

娯楽のコンボ

そういうあれこれがあらかじめセットになってる部屋で過ごせる、というサービスです。なかなか自宅で毎回違ったコンセプトの楽しみ方って用意が大変だけどそこにいけばすぐに楽しめて自分でメンテナンスする必要もない。きちんとセレクトされたもの達なので真似しようと思えばできる。

例えば

「動物学者の部屋」。自分ちで揃えられそうもない壁一面の本棚に動物の生態やらけもの道を定点観察した写真集やらレヴィストロース、ポールギャリコの猫語の教科書なんかが一通り揃っていて、重厚な厚みのある広いテーブルにはイルカの頭蓋骨やスナネズミの骨格標本、タランチュラの置物が鎮座し、うっすらペンギンカフェオーケストラがBGMで流れる中、水出し珈琲をすすりつつペルシャ猫をさする…

或いは

普段はしっかり者のサラリーマンかつ一家の大黒柱なんだけど実は少女漫画が大好きっていうお父さんにはゆっくりその世界に浸れるガ―リーでレースでふんわりピンクな部屋でアップルティーでも、みたいな。一見するとキモチワルイ絵面ですが、それを自室で展開していたら完全に逸脱者になってしまうので束の間でも心を思い切り解放できる空間を、という事です。

線引きが難しい

音楽作成したいけど機材も音響設備も、音ネタもないし参考に色々聴いたりレッスン動画を見ながら実際に鳴らしてみたい人にはそれらを満たす一通りを用意。と言いたい所ですがここまで行くと「いやそれは少しずつ買い足せばいいじゃん」ってなりそうなんだけどまあでもそういう事です。今じゃ売ってないファミコンソフトがめちゃ揃ってて子どもの頃によく食べた駄菓子が揃ってる、とかそういう。雑誌でオシャレな人の部屋とか紹介されてるけどそれ実際に体験できちゃうみたいな。好きなアニメキャラの部屋で過ごしたい、みたいのもできちゃうみたいな。なんならキュアブラックこと美墨なぎさのコスして学校から帰ってきて自室に入るなりラクロスのラケットを投げ出してもらったラブレターの束を机にぶっきらに投げ置いてベッドに横たわって「あーあ、女の子ばっかりにモテてもなー…たまには男の子にモテたいよ…」っていう伝説の第一話の名シーンをひたすらに再現する事だってできるっていう。

服を着替えるみたいな

人の生き方っていうのは色んな要素の組み合わせだったりするけど、がらっとスタイルを変えるのは時間もお金も必要。しかしながらこのサービスがあれば本当に自分の軸足のスタイルを変えてみるきっかけとなる疑似体験ができるのではと思うのです。実際変化を試みる時って情報収集してちょっとずつ試して一進一退、どこまでどういう風になったらいいかよく分からず..みたいな感じかと思いますけどこの部屋は一つのモデルケースを丸ごと提案する、という。とりまそれに浸って良さげなら真似してその後は自分でカスタマイズしていけばいいという。

ちなみに私が今

借りてみたい部屋というのは以下です。

CMfn9e-UwAA6uLe

とにかくミニマルな何もない部屋にコーラだけ床に直置きしてある。できれば天井に空気をかきまわす天井扇がゆったりくあんくあんくあん..と回っていて欲しい。床はしっかりとした生地の編んだ布。そこに横たわり眠るでもなくまどろみながら延々と扇を眺める……って本とか音楽とか関係ないじゃんさっきまでなんかそういう事ばっか言ってたのに!!なんだよアンタ!!っていうね。でもまあ考えてみればそんななんにもない部屋、逆にさがしても無いっていう。「無さがある」っていうコンセプトなんですけれど。

てな感じで

今後も「こんなんあったらもっと生活が豊かになるのに」って案を、それがペイするかどうかなんて一切考えずにひたすら心おもむくままに、心の自動筆記さながらに綴っていってみたいと思います。

ではかしこ。