堕天使かっき〜(東天下茶屋)-カレー屋スタンプラリー 3軒目


最近はひところに比べるとカレーを食べに出歩くことも少なくなってしまいました。

が、先日「これはぜひ紹介せねば!」というカレーに出会いました。

大阪は東天下茶屋のbarHORIZONにて水~土の11:30~15:00営業している「堕天使かっき〜」さんのカレーです。

c03-7

いわゆる、最近多い「間借り」タイプのカレー屋さんです。barHORIZONの他、阿部野のカンボジア料理店、ニャムニャム食堂の定休日の月曜日を利用して営業したり、ライブハウス等でも出店しているそうです。詳しくは堕天使かっき〜さんのTwitterを確認下さい。

 

前々から行ってみたいとは思っていたのですが、普段の生活圏内からは離れているため、なかなか行けずにいて、ようやくお目にかかれたという感じです。

barHORIZONへは天王寺から路面電車に乗り換えて東天下茶屋で下車します。

c03-1

この路面電車、はじめて乗りました。駅周辺工事しているためか、なかなか乗り場に辿りつけず苦労しました。

東天下茶屋駅からbarHORIZONへの道のりはこんな風景です。

c03-2

c03-3

c03-4

c03-6

なかなか香ばしいエリアです。こんな町並みをみれただけでも遠くまで来たかいがあったというものでしょう。何気にどの店も現役っぽいのがすごい。もっと暗くなってきたらまた雰囲気が違うかもしれませんね。

ちなみに天下茶屋といったら西成区になるのでお上品な方々はあまり近づきたがらないエリアかもしれません。が、東天下茶屋は今調べてみたら阿倍野区内らしいですね。さらにちなみに「てんがちゃや」と読みます。

さて、barHORIZONにたどり着きましたが、私の前にすでに2名ほど並んでいました。店内はカウンター席のみで4名くらいしか座れないっぽいです。

30分くらい待ったかな。待ってる間「ここなんのお店?」とか聞かれたり、覗きこもうとする人もちらほら。カレー屋行列あるあるですね。

炎天下の中待ってようやく店内に入れましたが、店の中もエアコンが入っておらず、9月に入って涼しくなっていたとは言え、汗が吹き出します。

汗を拭きながらメインメニューである鯛出汁×鶏キーマの二層カレーと9月限定メニューという栗バター牛シマチョウカレーのあいがけにさんまの辛いやつトッピングでオーダー。

c03-5

こんな感じ。

酒のアテと謳っているだけあってお魚系がお得意だと聞いていたので鯛出汁とさんまは絶対うまい!と思ってました。辛い系に栗バター系の甘いカレー、絶対合う!

期待に胸をふくらませいただきます。

写真で見て分かる通り、出汁ゾーンととろっとしたカレーゾーン、それぞれ特長があって、単体でいろんな味を食べてもうまいし混ぜてもうまい。すだちの爽やかさもうれしい。牛シマチョウというのはホルモンだろうか。とろとろしててこれもまた甘めのカレーに合う。

辛さの合間に箸休め的に何かのフルーツ?のピクルス?的なやつがまたいい仕事するんだこれが。

汗をかきながら最後の一口まで美味しく完食いたしました。

お店を出るとまだ何人かの人が待っていました。

帰り道は腹ごなしがてら昭和町まで歩き、アンティーク着物の姉妹屋さんをちらっと覗いて帰りました。

大阪ディープゾーンとディープなカレーを味わいたい方におすすめです。ぜひ。

 

星4つ!

★★★★☆

東天下茶屋駅徒歩5分

東天下茶屋駅から218m

大阪府大阪市阿倍野区王子町2-17-32 Bar Horizon内